低容量ピルは現在、日本国内で処方されるものとしては特に一般的に普及したものとなりました。
ただこれは適当に使っても良いというものではなく、仕様の際にはしっかりと注意事項を聞き、副作用が発生することもあるとして理解をしておかなくてはなりません。
そうした理解が出来ていないと、通常の薬理作用で発生することに対して不安を覚えてしまい、ストレスを感じることにもつながりかねないでしょう。
さて、この低容量ピルの副作用と言うところで注目しておきたいこととなるのが「不正出血」の存在です。
不正出血と言うのは月経が発生していないにもかかわらず性器から出血が発生するという状況を差すものですが、実は低容量ピルを服用している人、特に初めて服用を開始した人にはこうした副作用を感じる人が少なくありません。
ではどうして不正出血が発生するのかと言うと、まず原因として考えられるのが体調不良などによって成分が上手く体に吸収されていないことです。
低容量ピルは女性ホルモンを成分として含むホルモン剤であり、そこに含まれる卵胞ホルモンと黄体ホルモンは女性の月経に対して非常に深く関係しています。
これらのホルモンが成分としてうまく吸収されないようになってしまうと、それによって身体のバランスが崩れ、不正出血に繋がるということがあるのです。
特に風邪を引いて下痢をしてしまっている場合は成分が上手く吸収されなくなりますから、これによって不正出血に繋がることがあります。
また初めて使用するという場合だと、月経とほぼ同時に服用を開始するため、月経の働きにブレーキがかかって出血量が減少し、完全に月経が終了するまで時間がかかるということがあります。
これは厳密に言うと完全な不正出血とは異なるのですが、状態としては不正出血に非常に近しいものであるため、副作用として訴える人が多いのです。
全体から見れば30%の人がこうした副作用を訴えている決して珍しいものではありませんから、あわてる必要はありません。
ただ問題になってくるのが、偶然ピルを服用したころになって別の病気の症状が出てきた場合です。
例えばクラミジアや淋菌と言った性感染症は不正出血を症状として呈する代表的なものですし、性交後に不正出血が見られるのであれば子宮頚がんの検査を行った方が良いと言えます。
不正出血は副作用として珍しいものでは無いとはいえ、それがあまりにも長期にわたって続く、別の体調不良が併発するといったような状態にあるのであれば、なるべく早い段階で婦人科を受診するようにしてください。